派遣のお仕事に関して

派遣のお仕事に関して
派遣のお仕事に関して

派遣で働くのは本当に損なのか

終身雇用という日本独特の雇用体系から派遣会社から雇われ派遣される。この様な雇用体系が出来上がって日本の労働環境はずいぶん変わりました。この派遣という働き方は企業から縛られず能力さえあれば派遣会社を通して労働条件の交渉も出来、非常に画期的でした。しかし、その一方で正規社員との溝が埋まらず孤立してしまったり景気に左右され「派遣切り」の様な人員削減などで真っ先に対象になってしまうなど問題点も浮き彫りになってきました。

そこで政府が打ち出したのが労働者派遣法の改正です。様々な問題点を改善し派遣労働者が保護されるようになりました。雇用期間なども有期から無期雇用へ転換する事が企業の努力義務とされていますので派遣されてみて長期に勤めたいと思ったら派遣会社から掛け合ってもらうといいでしょう。この様に都合が悪くなったら切り捨てるといった雇い方が出来にくくなったので働く側にっとっては安心して働ける環境になっていく事でしょう。また、30日以内の日雇い派遣などは原則禁止になりましたが例外事項があり学生や主たる生計者では無いなどの条件に該当すれば今まで通り働くことが出来ます。中には事情があって単発的な仕事しかできない、又はしたくない人もいるでしょうからそのような人にも問題なく働けるのです。

派遣というと何だか不安定な働き方といったイメージが先行してしまいがちですが働く側に自由と権利が保障されつつあるという面では労働環境は改善され労働者に更なる選択肢を増やしてくれるでしょう。

Copyright (C)2019派遣のお仕事に関して.All rights reserved.