派遣のお仕事に関して

派遣のお仕事に関して
派遣のお仕事に関して

派遣社員として働く上で大切な点

派遣の仕事に就く際、気をつけなければならない点があります。派遣の仕事は、名前の通り、派遣会社から企業に派遣されてする仕事です。派遣社員を目指す場合、まずは派遣会社に登録をしなければなりません。その際に、自分の所有している資格や、社歴、スキル等を、派遣会社に申告しますが、派遣社員を続けていく中で、スキルがアップした場合や、その間に新たな資格を取得した場合は、その旨を派遣会社にしっかり伝えましょう。派遣先は、登録している人の年齢や、スキルといった条件を元に決定するため、スキルの証明や、自己PRに繋がることはアピールしておくことで、好条件の派遣先を紹介してもらうことに結びつきます。

派遣社員は、雇用期間を企業と派遣会社で決定した上で派遣されます。雇用期間が満了となった際、契約を延長するかどうかは、企業側の希望で決められることがほとんどであり、再契約の際は、企業と派遣会社の間で再度取り交わされます。派遣社員にとって雇用期間が満了となった後、再度雇用期間を延長してもらえるかや、すぐに違う仕事が決まるかどうかという点は、死活問題です。雇用期間の延長や、すぐに違う仕事を紹介してもらえるかどうかは、その人個人の仕事ぶりや、職場での評価が高いということが重要です。企業側に直接雇われている正社員以上に、個人の評価がダイレクトに仕事の存続に関わってくるので、就業時間内における仕事量や、職場の仲間や上司から一緒に働いていて働きやすいと評価してもらえているか等を考えて、仕事をしなければなりません。

派遣社員は、時間外労働や、雇用契約外の仕事をしなければならないというリスクが低いかわりに、正社員のような雇用の安定性は低いという点がデメリットなので、自分が常に社会から欲せられるような社会人としてのスキルや技、人間性を身につけておくということが職の安定性を増す上で大切なことです。

Copyright (C)2019派遣のお仕事に関して.All rights reserved.