派遣のお仕事に関して

派遣のお仕事に関して
派遣のお仕事に関して

アベノミクスで人手不足時代が到来。人材派遣に追い風。

長らく続いたデフレ不況と、2008年に起こったリーマンショックによって、人材派遣業界には、ずっと市場規模の縮小傾向が続いてきました。しかし、第二次安倍政権が誕生し、政策として打ち出されたアベノミクスはその効果を十二分に発揮し、日本の株価を大きく押し上げ、円高を円安へと転じ、日本の景気を大きく推し進めていくこととなりました。その結果、各企業において、ビジネスの拡大に向けての投資が行われるようになり、必然的に人材に対する需要が増加。しかし、十分な人手を集めることができずに、経営自体が危機的なところにまで追い込まれる企業も登場してきます。そして、このような「人手不足」の状況は、人材サービス業界に対して大きな追い風となり、各社の業績が上向いてきている状況になっています。

厚生労働省が発表した有効求人倍率は、1.10倍という高水準が続いており、特に都市部においては1.62倍という超売り手市場が続いています。中でも小売業や飲食サービス関係は、仕事の労力や大変さに比較して報酬が低いという状況がデフレ状況下において許容されていましたが、今回の景気回復を受けて、そういった仕事が敬遠される傾向が発生し、特に人材の確保に苦慮している状況が深刻なまでに至っています。

このような背景が、人材サービス会社に対する要請を増加させる要因となって、この業界全体の業績を引き上げる結果となっているようです。

Copyright (C)2019派遣のお仕事に関して.All rights reserved.